借金の利点と欠点

民事再生法で借金する利点としては、免責不許可事由がありませんので、給料に見合わない消費での借金やギャンブルで出来てしまった借金に関しても手続きをしてくれます。また、住宅ローンの返済スケジュールを変更する事も可能になり、現在の借金を大幅に圧縮する事もできるのです。これにはローンによる将来の利息もカットできるメリットがあり、財産なども処分する必要が無いのです。したがって既にマイホームをお持ちの方でも手放す必要はなく、地道に借金を返済する事が可能になるでしょう。

関連リンク・・・・借金の相談に乗ってもらえる弁護士法人【アディーレ法律事務所】

また、中には自己破産ができない方もいますが、資格制限がない為に民事再生は可能となり、申し立て手続きを行う事によって、支払いや差し押さえなども強制的に止めさせる事などもできるのです。欠点としては、前提条件に安定した収入が無ければ利用する事ができないほか、申請における手続きが複雑で、ある程度まとまった費用がかかる事が挙げられ、手続きが認められなければ、これが自己破産に移行される可能性があります。

また、デメリットとして、住宅ローンのなどの返済額は減額されないほか、5年から7年という一定期間は借り入れする事は出来ません。さらに信用情報機関に登録され、官報に掲載される事になります。