借金の種類

借金とは、自分の所持金で全額支払いできない場合に行う手段で、個人が借りるという特徴があります。会社であれば会社の責任者が行う「融資」がこれに当たり、会社が利益を出す事ができずに赤字を出す事を「負債」や「債務」と言い、これも借金として処理される事になります。大きな借金は大手の銀行などに委託する事が多く、一般的にはこれを融資と言い、「借入金」として処理されるものです。

その種類には大きく4つの方法があり、まず「証書貸付」というものがありますが、これは「金銭消費貸借契約書」という契約書を、銀行に提出する事により受けられる融資で、おもに長期の返済期間での借入で使われることになります。次に「手形貸付」ですが、これは借入用の手形を銀行に差す事で融資が受けられる方法であり、おもに短期返済を念頭に置いた期間での借入で使われる方法です。また「手形割引」は、売上代金自体を手形で回収している場合は、その手形自体を銀行が買い取るという方法があり、銀行がその手形の額に応じて資金を出すという融資方法なのです。

そして「当座貸越」という方法についてですが、借入する融資の極度額をある程度設定する事で、その極度額までを支払者側の裁量で、自由に融資を受けたり返済したりする事ができるという方法で、大きな会社はこうした方法で銀行から借り入れを行っているのです。個人の場合には基本的にローン返済という形で、返済する事が多いと言えるでしょう。